山手グリーン歯科医院

「もう歯を失いたくない」という方へ将来多くの歯を残すためにできること

ホーム > 「もう歯を失いたくない」という方へ

インプラントによって
残った歯を守ることができます

もしも、歯が抜けてしまった場合、しっかり噛めないだけでなく、様々な体の不調を引き起こします。もちろん、歯を失わないことがベストではありますが、残念ながら歯を喪失してしまった場合、きちんと治療を行って欠損部分を補う必要があります。

ところが、歯科治療の中には大切な残存歯を失うリスクが高い方法があるため、抜歯後の歯の代替としてだけでなく、残った歯を守る治療法として、当院ではインプラントをおすすめしています。

抜けた歯を補うためには3つの治療法があります

歯を失った場合、歯がなくなった部分を補うためには、主に3つの治療法があります。それぞれの治療には、次のような特徴があります。

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯とは、欠損部分を部分的に入れ歯で補う治療法です。「人工歯」「義歯床」「バネ」の3つから成る部分入れ歯は、バネを鉤歯(こうし)と呼ばれる歯にかけることによって入れ歯を固定します。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは、隣り合った歯を支台として橋を架けるように、欠損部分に被せ物をする治療法です。ブリッジを被せるためには、支台となる隣り合った健康な歯を削る必要があります。

インプラント

インプラント

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工歯を装着することで、歯の喪失を補う治療法です。単独植立が可能なため、他の治療法のように周囲の歯への負担がありません。

部分入れ歯やブリッジで歯を失うこともあります

一口に「失った歯を補う治療」と言っても、治療法によっては欠損部分を補うどころか、逆に周囲の歯の喪失を招くケースも少なくありません。特に、次のような条件にあてはまる歯は、喪失リスクが高いことが分かっています。

歯を失うリスクが高い歯

  • 治療していない虫歯
  • 歯周病を発症している歯
  • 部分入れ歯の金具がかかっている歯
  • 被せ物をしている歯

【参考】厚生労働省 e-ヘルスネット「歯の喪失の原因」

虫歯と歯周病は、歯を失う二大原因として広く知られていますが、その他の要因として、部分入れ歯やクラウン、ブリッジのような被せ物によって歯を失うことがあります。

部分入れ歯の場合、金具をかけている鉤歯に大きな負担がかかるため、抜け落ちてしまう恐れがあります。また、ブリッジなどの被せ物の場合は、歯と被せ物のすき間から虫歯になる2次カリエスが起こったり、抜髄後は歯根部分に病変が残っていたりすると、歯を失うリスクが高くなってしまうのです。

インプラント治療で残存歯を守りましょう

インプラントは、入れ歯やブリッジと違って残存歯を失うリスクが低い治療法です。さらに、インプラントは「第二の永久歯」と呼ばれるほど、寿命が長いことでも知られています。しっかりとメインテナンスを行うことによって、天然歯と同じように長く使い続けることができるのです。

残存歯が20本以下になると、要介護の原因となる認知症や転倒などのリスクが高くなることが分かっています。将来、寝たきりにならないためにも、残存歯を守ることを考慮した治療選択が求められます。
総社にあります当院では、将来のお口全体の健康、そして全身の健康を守るため、患者様が治療選択を行えるようサポートします。インプラント治療に限らず、患者様に納得して治療を受けていただけるよう、カウンセリングを大切に、相談しながら治療について決めていきます。

インプラント治療についての詳細は以下よりご覧ください。

インプラント治療とは?
についてもっと詳しく見る

お知らせ

  • 2018.10.27活動記録・秋季日本歯周病学会を更新いたしました。
  • 2018.10.17活動記録・合同勉強会を更新いたしました。
  • 2018.10.01活動記録・MTM勉強会を更新いたしました。
  • 2018.09.10トピックスを更新いたしました。
  • 2018.08.26活動記録・MTMチームミーティングを更新いたしました。
  • 2018.08.02活動記録・院内勉強会を更新いたしました。
  • 2018.07.10

    この度の西日本豪雨による被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

    西日本各地に大きな被害をもたらしたこの度の豪雨により、被災された皆様ならびにそのご家族の皆様には、心からお見舞いを申し上げます。皆様の安全と一日も早く元の生活を取り戻すことができるよう、心よりお祈り申し上げます。

    当院におきましては、幸い大きな被害もなく通常通り診療を行っております。
    被災者の方におかれましては、保険証を紛失された方でも保険診療が受けられますのでお気軽にお問い合わせください。

    山手グリーン歯科医院 スタッフ一同