山手グリーン歯科医院

インプラント治療とは?正しく把握することが治療成功の第一歩

ホーム > インプラント治療とは?

埋入から人工歯装着までの

インプラント治療の流れ

インプラント

「第二の永久歯」と呼ばれるインプラントは、自分の歯のように噛めるだけでなく、寿命が長いことで知られる失った歯を補うための治療法です。しかし、外科手術が必要な上、他の歯科治療に比べて治療期間が長いことから、なかなか治療に踏み込むことができないという方は多いようです。

ここでは、そのような方にも安心してインプラント治療を受けていただけるように、インプラントの基礎知識について分かりやすくご紹介します。

インプラントとは?

インプラントのイメージ

一般的に歯科治療で用いられるインプラント治療は、外科手術によってインプラント体を骨に埋め込んで、その上に人工歯を装着する治療法のことをいいます。

しっかり噛める機能性と、天然歯のような審美性の両方を兼ね備えているのが特徴で、そのうえ単体植立が可能なため、他の歯に負担をかけることもありません。さらに、インプラントを埋入したうち9割を超える人が、きちんとメインテナンスを行うことによって、10年以上たっても正常に使い続けています。

インプラント治療はこのような人におすすめです
  • 一番奥の歯が抜けてしまった
  • 入れ歯が合わない・しっかり噛めない
  • 年齢的に入れ歯にしたくない
  • ブリッジができない
  • ブリッジのために健康な歯を削りたくない
  • 見た目を良くしたい

インプラントの構造

インプラントの構造

基本的なインプラントは、インプラント体と人工歯のほか、インプラント体と人工歯をつなぐアバットメントと呼ばれる3つの部品によって構成されています。

ほとんどのインプラント体はチタンという金属製なのに対して、人工歯はセラミックやメタルボンドのほか、ジルコニアやハイブリッドセラミックなど種類は多岐に渡ります。また、アバットメントには、一般的にチタンやチタン合金が使われていますが、前歯などの目立つ部分には、金属の色が透けないようにジルコニア製のものを使うことがあります。

インプラント体に
チタンが使われる理由

チタンには、骨に埋め入れると周囲の組織と結合するという、「オッセオインテグレーション」と呼ばれる特徴があることから、ほとんどのメーカーのインプラント体にチタンが用いられています。さらに、チタンは生体親和性が高いことから、体内で異物として認識されることがない安全性の高い材料です。

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ インプラントの治療の流れ

インプラントの手術方法には、一回法または二回法の2種類の手術法があります。診査・診断の後で治療計画を策定する際、患者様に合った手術法を検討いたします。

診査・診断・術前治療

インプラント治療を行うにあたり、まずは患者様のカウンセリングのほか、歯科用CTで得られた顎の骨の3D画像をもとに、診査や診断を行います。また、虫歯や歯周病が発見された場合は、術前に治療が必要になります。当院の診査・診断には、次のような特徴があります。

SIMPLANT
専用のソフトウェアを使って治療計画を策定しています

歯科用CTのデータをもとに埋入手術のシミュレーションを行い、インプラントを埋入する位置や角度、深さを割り出すことができる専用のソフトウェアを導入しています。治療前に、インプラント埋入後のイメージを3D画像で確認していただくこともできます。

カウンセリングの光景
分かりやすい治療計画の説明を心がけています

診査・診断の結果をもとに治療計画を策定するにあたって、当院では、患者様が安心して治療が受けられるように、担当医師が分かりやすく説明を行います。治療方針や予後などについてご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。

インプラント手術
(二回法)

インプラント手術には、一回法と二回法がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあることから、患者様の状態に合った手術法を選ぶ必要があります。ここでは、骨結合の期間が長く、感染症のリスクが低い二回法の流れについて解説します。

一次手術
  • インプラント手術(二回法)1次手術
  • インプラント手術(二回法)1次手術

    歯が抜けた部分の歯肉を切開し、ドリルを使って歯槽骨に穴を開けます。埋入孔にインプラント体を埋入したら、カバースクリューと呼ばれるフタをしたあと、歯肉を縫い合わせて傷口を塞ぎます。
    その後、インプラント体と骨が結合するまで、患者様の骨の状態にもよりますが、3ヶ月から半年程度待ちます。

二次手術
  • インプラント手術(二回法)2次手術
  • インプラント手術(二回法)2次手術

    インプラントと骨が結合したら、二次手術を行います。歯肉を切開し、インプラントを外側から見えるようにするために、インプラントにヒーリングアバットメントという仮の部品を装着して、再び縫合します。縫合の傷が治るまで、数週間待ちます。

アバットメント装着
  • インプラント手術(二回法)アバットメント装着
  • インプラント手術(二回法)アバットメント装着

    歯肉の治癒が確認出来たら、ヒーリングアバットメントを外します。インプラントにアバットメントと呼ばれる、人工歯の支台となる部品を固定します。

補綴処置
  • インプラント手術(二回法)補綴処置
  • インプラント手術(二回法)補綴処置

    アバットメントを装着したら、人工歯の型取りを行います。CAD/CAMにて作製された人工歯を装着します。噛み合わせを調整したら、インプラント治療の完了となります。その後、メインテナンス期に入ります。

メインテナンス

インプラント手術を受けた後、必ずメインテナンスを受けていただきます。インプラントの周囲に歯垢や歯石がたまると、歯周病のように歯肉で炎症が起こる「インプラント周囲炎」が起こることから、メインテナンスによってしっかりチェックを行う必要があるのです。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、歯周病と同じ細菌による感染症で、歯肉の腫れや出血などの初期症状がみられます。炎症がインプラントの周囲組織にまで広がると、インプラントを支える歯槽骨が溶けて、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラントのメインテナンスでは、歯肉の腫れや出血、インプラントのぐらつきにチェックのほか、レントゲン検査によって骨の状態を調べます。また、インプラントの周囲のクリーニングを行い、きちんと歯が磨けていない部分については歯磨き指導を行います。

メインテナンスの頻度は、最初のうちは3ヶ月の1度の割合で受けて、その後は、年に2~3回を目安に通院を続けていただきます。

骨造成が必要とされる
インプラント治療

インプラントを歯槽骨に埋め入れるためには、十分な骨量が必要になります。そのため、歯周病や長期間歯がないことで骨吸収が進み、骨量が不足している場合には、インプラント治療を断られてしまう場合もあるでしょう。

骨造成治療は難易度の高い治療であり、すべての歯医者で行っているわけではありません。そのため、当院には総社だけでなく、遠方からも多くの患者様にお越しいただいています。
当院は、骨造成治療を行うことによって、骨量不足でインプラント治療を断られてしまった方にも、安全性の高い治療をご提供しています。

骨造成には主に次の2つの方法があり、治療部位などに応じて患者様に合った方法をご提案しています。

GBR法(骨再生誘導法)

GBR法とは、メンブレンと呼ばれる人工膜を使って骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋入後、骨が不足している部分に自家骨や骨補填材を埋め入れ、メンブレンで覆うことで骨の再生を促します。歯肉の縫合後、3~6ヶ月ほど骨の再生を待ちます。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、上顎洞によって骨の高さが不足しがちな上顎の奥歯に用いられる治療法です。ドリルでインプラントの埋入孔をあけた後、穴から自家骨や骨補填材を填入することで、上顎洞底部をかさ増ししてインプラントを埋入します。

インプラント治療をお考えの方へ

メリット デメリット(リスク)
  • 天然歯に近い噛み心地・見た目
  • 他の残存歯に影響を与えない
  • 寿命が長い
  • 基本的に健康保険の適用外
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い

インプラント費用

  • インプラント(1本あたり):
    275,000円~425,000円(税込302,500円~467,500円)

お知らせ

  • 2021.04.16 "Pick upわははは新聞"『ホームホワイトニング編』 を掲載しました。
  • 2021.03.01 "Pick upわははは新聞"『矯正治療編』 を掲載しました。
  • 2020.12.08 【年末年始の休診のお知らせ】2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)は、年末年始のお休みとさせていただきます。
    ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
  • 2020.10.05 「そうじゃ復活券」がご利用いただけます。
    当院でも、プレミアム付き商品券「そうじゃ復活券」がご利用いただけるようになりました。 保険診療や自費診療、歯ブラシなどの衛生用品購入の際に使用可能です。(おつりは出ませんので、ご注意ください)
  • 2020.09.04 Pick upわははは新聞"『か強診編』 を掲載しました。
  • 2020.08.04 【夏季休診のお知らせ】8月13日(木)~8月16日(日)は夏期休診とさせていただきます。大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。8月17日(月)より平常通り診療致します。
  • 2020.07.30 "Pick upわははは新聞"『金属アレルギー編』 を掲載しました。
  • 2020.06.05 "Pick upわははは新聞"『メインテナンス編』 を掲載しました。
  • 2020.05.28 "Pick upわははは新聞"『誤嚥性肺炎編』 を掲載しました。
  • 2019.12.23 【年末年始の休診のお知らせ】 12月28日(土)~1月3日(金)まで休診、4日(土)から通常診療とさせていただきます。
  • 2019.08.30 【診療時間変更のお知らせ】誠に勝手ながら2020年4月1日(水)より午後の診療時間を
    14:00~18:00に変更致します。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
  • 2019.07.24 クラスB準拠の小型高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を導入しました。
  • 2019.07.03 【夏季休診のお知らせ】8月11日(日)~8月15日(木)まで休診とさせていただきます。
  • 2019.04.04 【GW休診のお知らせ】4月28日(日)~5月6日(月)まで休診とさせていただきます。
  • 2018.10.27 活動記録・秋季日本歯周病学会を更新いたしました。
  • 活動記録・合同勉強会を更新いたしました。
  • 2018.10.01 活動記録・MTM勉強会を更新いたしました。
  • 2018.09.10 トピックスを更新いたしました。
  • 2018.08.26 活動記録・MTMチームミーティングを更新いたしました。
  • 2018.08.02 活動記録・院内勉強会を更新いたしました。
  • 2018.07.10

    この度の西日本豪雨による被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

    西日本各地に大きな被害をもたらしたこの度の豪雨により、被災された皆様ならびにそのご家族の皆様には、心からお見舞いを申し上げます。皆様の安全と一日も早く元の生活を取り戻すことができるよう、心よりお祈り申し上げます。

    当院におきましては、幸い大きな被害もなく通常通り診療を行っております。
    被災者の方におかれましては、保険証を紛失された方でも保険診療が受けられますのでお気軽にお問い合わせください。

    山手グリーン歯科医院 スタッフ一同