山手グリーン歯科医院

インプラント治療とは?正しく把握することが治療成功の第一歩

ホーム > インプラント治療とは?

埋入から人工歯装着までの

インプラント治療の流れ

インプラント

「第二の永久歯」と呼ばれるインプラントは、自分の歯のように噛めるだけでなく、寿命が長いことで知られる失った歯を補うための治療法です。しかし、外科手術が必要な上、他の歯科治療に比べて治療期間が長いことから、なかなか治療に踏み込むことができないという方は多いようです。

ここでは、そのような方にも安心してインプラント治療を受けていただけるように、インプラントの基礎知識について分かりやすくご紹介します。

インプラントとは?

インプラントのイメージ

一般的に歯科治療で用いられるインプラント治療は、外科手術によってインプラント体を骨に埋め込んで、その上に人工歯を装着する治療法のことをいいます。

しっかり噛める機能性と、見た目が美しい審美性の両方を兼ね備えているのが特徴で、そのうえ単体植立が可能なため、他の歯に負担をかけることもありません。さらに、インプラントを埋入したうち9割を超える人が、きちんとメインテナンスを行うことによって、10年以上たっても正常に使い続けています。

インプラント治療はこのような人におすすめです
  • 一番奥の歯が抜けてしまった
  • 入れ歯が合わない・しっかり噛めない
  • 年齢的に入れ歯にしたくない
  • ブリッジができない
  • ブリッジのために健康な歯を削りたくない
  • 見た目を良くしたい

インプラントの構造

インプラントの構造

基本的なインプラントは、インプラント体と人工歯のほか、インプラント体と人工歯をつなぐアバットメントと呼ばれる3つの部品によって構成されています。

ほとんどのインプラント体はチタンという金属製なのに対して、人工歯はセラミックやメタルボンドのほか、ジルコニアやハイブリッドセラミックなど種類は多岐に渡ります。また、アバットメントには、一般的にチタンやチタン合金が使われていますが、前歯などの目立つ部分にはジルコニア製が審美的に優れています。

インプラント体に
チタンが使われる理由

チタンには、骨に埋め入れると周囲の組織と結合するという、「オッセオインテグレーション」と呼ばれる特徴があることから、ほとんどのメーカーのインプラント体にチタンが用いられています。さらに、チタンは生体親和性が高いことから、体内で異物として認識されることがない安全性の高い材料です。

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ インプラントの治療の流れ

インプラントの手術方法には、一回法または二回法の2種類の手術法があります。診査・診断の後で治療計画を策定する際、患者様に合った手術法を検討いたします。

診査・診断・術前治療

インプラント治療を行うにあたり、まずは患者様のカウンセリングのほか、歯科用CTで得られた顎の骨の3D画像をもとに、診査や診断を行います。また、虫歯や歯周病が発見された場合は、術前に治療が必要になります。当院の診査・診断には、次のような特徴があります。

SIMPLANT
SIMPLANT®を使って治療計画を策定しています

SIMPLANT®(シンプラント)とは、歯科用CTのデータをもとにシミュレーションを行い、インプラントを埋入する位置や角度を割りだすことができるコンピュータシステムです。事前に、インプラント埋入後のイメージを3D画像で確認していただくこともできます。

カウンセリングの光景
分かりやすい治療計画の説明を心がけています

診査・診断の結果をもとに治療計画を策定するにあたって、当院では、患者様が安心して治療が受けられるように、担当医師が分かりやすく説明を行います。治療方針や予後などについてご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。

インプラント手術
(二回法)

インプラント手術には、一回法と二回法がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあることから、患者様の状態に合った手術法を選ぶ必要があります。ここでは、骨結合の期間が長く、感染症のリスクが低い二回法の流れについて解説します。

インプラント手術(二回法)1次手術
1次手術

歯肉を切開して、ドリルを使って歯槽骨に埋入孔をあけた後、インプラント体を埋め入れます。埋入後は歯肉を縫い合わせて、切開した部分をふさぎます。 その後、インプラント体が骨と結合するまで、3~6ヶ月ほど待ちます。

インプラント手術(二回法)2次手術
2次手術

インプラントが骨に結合したら、埋め入れたインプラントを露出させるために、歯肉を切開してヒーリングアバットメントという仮の部品を装着します。 歯肉の縫合後に、切開部分が治癒するまで数週間待ちます。

補綴処置
補綴処置

傷口がしっかりと塞がったら、最終的なアバットメントを装着して型取りを行います。人工歯の完成後、アバットメントの上から被せます。

画像でみる2回法手術

インプラント治療前の歯がない状態です。

インプラント治療前の歯がない状態です。

インプラントの埋入後に縫合

1次手術でインプラントの埋入を行いました。
カバースクリューと呼ばれる蓋をした後、歯肉を被せるようにして縫合します。

ヒーリングアバットメントを装着し、再び縫合

2次手術で再び歯肉の切開を行いました。
ヒーリングアバットメントを装着し、再び縫合します。

ヒーリングアバットメントを外す

歯肉の治癒が確認されたら、ヒーリングアバットメントを外します。
埋入したインプラントが見えている状態です。

インプラントにアバットメントを装着

インプラントにアバットメントと呼ばれる支台となる部品を装着します。
その後、上部に装着する人工歯の型取りを行います。

人工歯の装着

いよいよ人工歯の装着です。
噛みあわせを調節したらインプラント治療の完了です。

メインテナンス

インプラント手術を受けた後、必ずメインテナンスを受けていただきます。インプラントの周囲に歯垢や歯石がたまると、歯周病のように歯肉で炎症が起こる「インプラント周囲炎」が起こることから、メインテナンスによってしっかりチェックを行う必要があるのです。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、歯周病と同じ細菌による感染症で、歯肉の腫れや出血などの初期症状がみられます。炎症がインプラントの周囲組織にまで広がると、インプラントを支える歯槽骨が溶けて、最悪の場合はインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラントのメインテナンスでは、歯肉の腫れや出血、インプラントのぐらつきにチェックのほか、レントゲン検査によって骨の状態を調べます。また、インプラントの周囲のクリーニングを行い、きちんと歯が磨けていない部分については歯磨き指導を行います。

メインテナンスの頻度は、最初のうちは3ヶ月の1度の割合で受けて、その後は、年に2~3回を目安に通院を続けていただきます。

骨造成が必要とされる
インプラント治療

インプラントを歯槽骨に埋め入れるためには、十分な骨量が必要になります。歯周病や長期間歯がないことで骨吸収が進み、骨量が不足している場合は、骨を増やすために骨造成を行う必要があります。骨造成には主に次の2つの方法があります。

GBR法(骨再生誘導法)

GBR法とは、メンブレンと呼ばれる人工膜を使って骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋入後、骨が不足している部分に自家骨や骨補填材を埋め入れ、メンブレンで覆うことで骨の再生を促します。歯肉の縫合後、3~6ヶ月ほど骨の再生を待ちます。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、上顎洞によって骨の高さが不足しがちな上顎の奥歯に用いられる治療法です。ドリルでインプラントの埋入孔をあけた後、穴から自家骨や骨補填材を填入することで、上顎洞底部をかさ増ししてインプラントを埋入します。

当院のインプラント治療の症例

症例1~
奥歯のインプラント(左下)

症例1~奥歯のインプラント(左下)

左下の奥歯にインプラントを2本埋入した症例写真です。
審美性が非常に高いことから、見た目では天然歯との違いがほとんど分かりません。

症例2~
奥歯のインプラント(右下)

症例2~奥歯のインプラント(右下)

右下の奥歯にインプラントを2本埋入した症例写真です。
しっかりと噛めるように、強度の高いハイブリッドセラミックを人工歯に使用しています。

症例3~
前歯のインプラント

症例3~前歯のインプラント

前歯が割れてしまったため、抜歯後にインプラントを埋入しました。
右側の残存歯との違いが分からないほど、自然なツヤと透明感の高さが特徴的です。

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。