山手グリーン歯科医院

インプラントにもデメリットがあります短所も知って
治療を決めていただきたい

ホーム > インプラントにもデメリットがあります

知っておきたい
インプラントのメリット・デメリット

どんな歯科治療にもメリットとデメリットがあります。インプラントにも、他の治療にはない優れたメリットがある反面、さまざまなデメリットも存在することから、治療を受けることを躊躇しているという人は多いのではないでしょうか。

インプラント治療を受ける上で、メリットを知ることは大変重要ですが、治療を受けた後で「こんなはずじゃなかった」「聞いていたのと違う」と後悔しないためにも、メリットとデメリットの両方について知っておくことが大切です。

インプラントの6つのメリット

1噛み心地が天然歯に最も近い

インプラントを骨に埋め込むと、インプラントに使われているチタンという金属が、周囲の組織と結合するオッセオインテグレーションという状態になるため、埋入してから3~6ヶ月ほどで顎の骨に根付きます。それにより、まるで自分の歯のようにしっかりと噛めるようになるのです。

2審美性が高い

インプラントを埋入する際、専用のコンピュータシステムを使って、インプラントを埋入する位置や角度を事前にシミュレーションを行うことで、審美性の高い仕上がりを実現すること可能です。さらに、アバットメントや人工歯にセラミックを使用すると、自然な白い歯を維持できます。

3単独植立が可能

部分入れ歯やブリッジにした場合、バネをかける鉤歯に大きな力が加わったり、隣接する健康な歯を削ったりと、周囲の歯への影響は避けられません。しかし、インプラント治療では1本からでも埋入が可能なことから、他の歯に負担をかけずに治療を行うことが可能です。

4骨吸収が抑えられる

通常は、噛むことによって歯を支える歯槽骨に刺激が伝わって、骨代謝が促されます。ところが、歯がなくなると歯槽骨が刺激を受けないため、骨の吸収がどんどん進んでしまいます。それに対して、インプラントを埋め入れた場合、噛むたびに骨に刺激が伝わって骨吸収が抑制されます。

5寿命長い

部分入れ歯の場合、骨の変化やバネをかける歯がダメになるため、入れ歯が合わなくなってしまします。また、ブリッジには、被せ物とのすき間から虫歯になる2次カリエスが起こりやすいという特徴があります。一方で、インプラントはメインテナンスを行うことで、長期間の高い生存率の維持が確認されています。

6破折や脱落時に保証が受けられる

インプラント治療は費用が高額になる反面、世界を代表するインプラントメーカーが、保証プログラムを提供しています。ただし、ほとんどの保証システムでは、定期的にメインテナンスを受けることが義務付けられていることから、事前に保証条件を確認しておくことをおすすめします。

インプラントのメリットについて見てきましたが、ここからはインプラントのデメリットについて解説していきます。

インプラントの6つのデメリット

1健康保険の適用条件が限られている

一般的な部分入れ歯やブリッジの治療には、健康保険が適用されるのに対して、虫歯や歯周病で歯を失った方が、噛む機能を向上させるためにインプラントを埋入する場合は、保険適用外になるのです。健康保険が適用されるケースとしては、ケガや病気などの特殊な条件があります。

2外科手術が必要

インプラント治療では、インプラント体を歯槽骨に埋め込むために、外科手術を行う必要があります。埋入手術は、通常の歯科治療と同様に局所麻酔で行うのが一般的ですが、手術に不安を感じるという方が多いことから、リラックスした状態で手術が受けられる笑気麻酔などが導入されています。

3骨量不足していると埋め込むことができない

骨の厚みや高さなど十分な骨量がなければ、インプラントを埋め入れることができません。特に、重度の歯周病で歯周組織の破壊が進んでいる場合や、歯がない状態が長く続いたせいで骨が痩せてしまった場合は、骨量が不足している可能性は高いため、骨造成などが必要になります。

4治療期間長い

部分入れ歯やブリッジの治療の場合、数回の通院で治療が完了しますが、インプラント治療の場合は、インプラント体と骨が結合するまでに、3~6ヶ月ほどの期間が必要になります。また、骨造成や再生治療を行った場合は、さらに治療期間が長くなってしまいます。

5インプラントの接合部が露出する可能性がある

インプラントを埋入した際、インプラントとアバットメントの接合部分で骨吸収が起こることがあります。それに伴い歯肉のラインが後退することで、接合部が見えてしまうため、特に、前歯のような目立つ部分には、骨吸収が起こりにくい製品やセラミックのアバットメントを選ぶなどの対策が必要になります。

6定期的にメインテナンスを受けなければならない

インプラント治療では、インプラントを埋め入れたら、それで治療が終わりというわけではありません。術後にメインテナンスを行って、インプラントや周囲の組織に異常がないか確認することも、大切なインプラント治療の一部のため、歯科医院で指定された頻度で必ずメインテナンスを受ける必要があります。

ここでは、一般的な事例についてご紹介してきましたが、インプラントのメリットやデメリットは、患者様のお口の中の状態によって異なります。歯のトラブルやインプラントについてお悩みの方は、一度当院までご相談ください。

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。