山手グリーン歯科医院

専門医による治療は何が違う?プロフェッショナルによる確実性の高い歯周治療

ホーム > 専門医による治療は何が違う?

専門医だからこそできる歯周病治療

歯科衛生士

今や歯周病は、国民病とも呼ばれるほど罹患率の高い病気の一つです。虫歯と並んで、歯を失う二大原因の一つで、最悪の場合は、歯を支える歯槽骨が溶けることによって歯が抜け落ちてしまうため、早期の治療が必要とされます。

最近では、ほとんどの歯科医院で治療が受けられますが、歯周病は進行すると外科治療などの専門的な治療が必要となります。当院では、歯周病でお悩みの患者様に、より専門性の高い治療をご提供するために、日本歯周病学会の認定を受けた専門医と歯科衛生士が治療にあたります。

歯周病専門医とは?

日本歯周病学会が認定する歯周病専門医とは、歯周病についての専門的な治療を学び、認定試験に合格することによって得られる資格で、歯周病治療にかかわる歯科医師として唯一、厚生労働省に専門性が認められています。

歯周病専門医としての認定を受けるためには、主に次のような要件を満足している必要があります。

  • 2年以上の歯周病学に関する研修と臨床経験を有する
  • 専門医教育講演を2回以上受講している
  • 定められた教育研修単位を取得している
  • 日本歯科医師会の正会員または準会員である
  • 非喫煙者である

さらに、歯周病専門医は、最新の学術知識や医療技術を身につけるために、生涯にわたる自己研修が求められています。

松本ゆみ副院長 松本 ゆみ副院長

当院の歯周病専門医

当院では、歯周病専門医の松本ゆみ副院長が歯周病治療を担当します。歯や歯茎についてのお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

松本ゆみ副院長 松本 ゆみ副院長

認定歯科衛生士とは?

認定歯科衛生士とは、歯周病予防のために必要な専門的な知識や技術を身につけた歯科衛生士のことで、全国で1000名を超える歯科衛生士が認定歯科衛生士の資格を取得しています。

認定歯科衛生士としての認定を受けるためには、主に次のような要件を満足している必要があります。

  • 歯科衛生士の免許証を有する
  • 通算5年以上の歯周病学に関する教育および研修と臨床経験を有する
  • 実務経験単位と教育研修単位の合計を30単位以上有する
  • 認定歯科衛生士試験に合格した

認定歯科衛生士も専門医と同様、歯周病学の知識や技能を向上し、医療人としての倫理を高揚させるために、生涯研修が義務付けられています。

市兼 市兼
嘉原 嘉原

当院の認定歯科衛生士

当院では、在籍する2名の認定歯科衛生士が、患者様の歯周病治療をサポートいたします。歯周病についてご不明の点がありましたら、お気軽におたずねください。

市兼 市兼
嘉原 嘉原

専門的な歯周病治療

歯周病の基本的な治療といえば歯垢や歯石の除去ですが、症状が進むに従って、次のような専門的な治療が必要になる場合があります。

精密歯周治療

精密歯周治療

歯周病は、原因となる歯垢や歯石のほか、汚染された歯周組織をしっかりと取り除かないと、再発の可能性が高くなります。そのため、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やマイクロルーペ(拡大鏡)を使って、取りこぼしのないように汚染された部分を完全に除去します。

レーザー治療

レーザー治療

歯科治療に用いられるEr:YAGレーザー(エルビウムヤグ・レーザー)によって、歯周ポケット内の歯石の除去や歯肉整形を行うことができます。周囲の組織への負担が少ないため痛みや出血がほとんどなく、患部の治りが早いほか、基本的に保険適用の対象になります。

再生治療

再生治療

歯周病菌が引き起こした炎症によって、歯を支える骨が溶けてしまった場合に用いられる治療法として、GTR法(組織誘導再生)があります。GTR法では、患部を切開して中の汚れを取り除き、メンブレンという人工膜をかぶせた後で縫合することにより、歯周組織の再生を促します。

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。