山手グリーン歯科医院

予防メインテナンスとは?当院の予防メインテナンスへのこだわり

ホーム > 予防メインテナンスとは?

予防メインテナンスで虫歯や歯周病を防ぎましょう

歯科衛生士

虫歯や歯周病になってから治療をするのではなく、予防メインテナンスを行うことがお口の健康維持につながることから、当院では、
MTM(メディカル・トリートメント・モデル)と呼ばれる診療の流れに沿って歯科治療を進めております。

お口のトラブルは人それぞれ異なるため、患者様のお口の環境にあった予防プログラムをもとに、定期的にメインテナンスを行うことが大変重要なのです。MTMを導入することによって、お口の病気のリスクを大幅に減らすことが可能になります。

予防メインテナンスが果たす役割

歯を失う二大原因「虫歯」と「歯周病」を未然に防ぐために必要となるのが「予防メインテナンス」です。

毎日、しっかり歯磨きしているつもりでも、歯ブラシでは落とせない汚れがあります。また、日頃のホームケアでは、軽度の虫歯や歯周病はなかなか見つけることができません。そのため、定期的な予防メインテナンスによって、早い段階で虫歯や歯周病を見つける必要があるのです。

当院では、予防メインテナンスにMTMと呼ばれる診療モデルを導入することで、虫歯や歯周病の発症や再発に努めています。

MTMをもとにした予防歯科への取り組み

院長と熊谷医師

MTMは、初診から最終的なメインテナンスまでの治療の流れをモデル化したもので、当院では、NHKで2014年10月に放映されたドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、歯科医として唯一紹介されている山形県酒田市の歯科医師・熊谷崇先生よりご指導をいただいております。

世界的に注目されるMTM

熊谷先生は、地道な治療とメインテナンスにより、世界的な虫歯予防の実績を誇ることで知られています。子供のころから診療所に通う患者様の8割が、成人になっても虫歯がないことからも分かるように、MTMの実践によって、虫歯や歯周病にならないための口腔内の環境作りを実現されているのです。

当院の松本院長は、その熊谷先生が理事長を務める日吉歯科診療所が主催の酒田市で行われたセミナーに参加し、「オーラルフィジシャン(Oral Physician)」という虫歯や歯周病の発症や再発を予防する歯科医師の資格を取得しました。

なお、当院では、ご希望の患者様に熊谷先生が紹介された番組のDVDの貸し出しを行っております。

MTMについてもっと詳しく見る

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。