山手グリーン歯科医院

歯の健康が生涯医療費を安くしますお口の健康を守ることが
医療費の節約に

ホーム > 歯の健康が生涯医療費を安くします

歯のメインテナンスで生涯医療費が安くなります

歯科衛生士

歯の健康と全身の健康の関係が明らかになってきていますが、それが医療費にも大きく関係していることが分かっています。長期的にみると、歯のメインテナンスが医療費の大幅な節約につながるのです。

65歳で総医療費が
平均より15万円も安くなる

~トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市)と
豊田加茂歯科医師会の共同調査~

~トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査~

組合員5万2600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析し、歯医者で年2回以上、定期的に歯石除去などをしている602人の医療費について調べたところ、次のような結果が出ています。

  • 定期的に歯医者を受診している人は、48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳以降平均よりも総医療費が安くなった
  • 49歳以降、総医療費の差はどんどん広がり、65歳では定期受診の人が15万円も安くなった
  • 年齢が高くなるほど、総医療費の差は大きくなった

歯のメインテナンスで医療費が安くなる
主な3つの理由

定期的にメインテナンスを行うことにより、効果的に虫歯・歯周病を予防して、多くの歯を残すことができます。以下のような理由から全身の健康が維持されて、生涯医療費の削減につながったと考えられています。

理由
その1
歯の喪失によりさまざまな疾患のリスクが高まる

メインテナンスを行わずに多くの歯を失うことにより、次のような疾患・症状の発生リスクが高まるため、医療費が高くなってしまうと考えられます。

  • 脳血管患
  • 心臓疾患(脳梗塞・脳卒中・狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈など)
  • 誤嚥性肺炎
  • 早産

歯の喪失が、さまざまな疾患のリスクを高めるのは、「噛み合わせの乱れによる全身バランスの悪化」「軟食傾向が引き起こす栄養バランスの偏り」といった原因が挙げられます。そのため、メインテナンスで歯を守ることによって全身疾患を予防することができ、結果的に生涯医療費の削減につながるのです。

理由
その2
虫歯・歯周病は再発しやすい

虫歯になると、削って詰め物や被せ物をします。治療によって痛みをなくすことはできますが、元の健康な状態に戻せるわけではありません。また、治療済みの歯では虫歯の再発リスクが高くなるため、最初は小さな虫歯であっても、再発を繰り返して、最終的に抜歯が必要になってしまうケースも少なくありません。

さらに、歯周病は自覚できる初期症状がないため進行しやすく、適切なメインテナンスを行わなければ再発しやすくなります。症状に気付く頃には、重症化してしまっているケースも少なくないため、歯周病で多くの歯を失ってしまうのです。

1本の歯を失うと、さらに歯を失いやすくなる

虫歯や歯周病で歯を失った場合、歯を補う治療(補綴治療)が必要となりますが、補綴治療の種類によっては、他の歯に負担をかけ、その歯も失うリスクが高まります。特に、ブリッジ治療は両隣の健康な歯を削って歯を補うため、支えとなる歯を失うリスクが高くなります。

将来に多くの歯を残し、全身の健康とそれによる生涯医療費の節約につなげるには、定期的なメインテナンスにより虫歯や歯周病を発生(再発)させないこと、歯の喪失を防ぐことが必要です。

理由
その3
メインテナンスで効果的に歯を守れる

将来に多くの歯を残すためには、歯を失う二大原因の虫歯と歯周病を防ぐことが必要ですが、セルフケアには限界があります。丁寧に歯磨きをしたつもりでも、十分に汚れを落とすことが難しいため、歯磨きだけでは効果的に予防できないのです。

また、虫歯や歯周病の原因はプラークだけでなく、唾液の分泌量の不足や歯を守る力が弱いため、口の中に病気の原因となる細菌が増殖することで発症リスクが高くなる人もいます。そのため、自分のリスクに合った対策を行わなければ、効果的に病気を防ぐことはできません。

病気は発生・再発を繰り返し、年齢を重ねるごとに残っている歯が減ってしまいます。以下のグラフにもあるように、定期健診を受けた人と治療だけを受けた人では、年齢が高くなるにつれて、残っている歯(残存歯数)に差が出てきます。

日本人の年代別平均残存歯数

このことからも分かるように、メインテナンスを受けることによって残存歯数は大幅に増えるため、それにより、歯や全身疾患の治療にかかる費用の節約につながるのです。

当院の虫歯・歯周病を発生させない
予防メインテナンス

治療中の歯科医師と歯科衛生士

当院でご提供しているメインテナンスは、MTM(メディカルトリートメントモデル)と呼ばれる患者様のリスクに合わせた予防プラグラムに沿って進めていきます。

お口の中の状態は患者様一人ひとり違っているので、リスクも違えば、効果的な予防法も違います。そのため、お口の中のリスク検査をしっかり行い、科学的根拠に基づいて、リスクを低減するための予防治療を行うことで、病気が発生しにくい口腔環境をつくるのです。

痛みもないのに歯医者に行くことに対し、違和感を覚える方も多いかもしれません。日本では予防歯科への理解や普及が十分ではありませんが、予防歯科先進国のスウェーデンでは、メインテナンスで歯科を受診するのが一般的で、歯科疾患の少ない国だといわれています。

メインテナンスを継続することで、お口の健康が守られるのはもちろん、生涯医療費の節約ができますので、ぜひ今からでもメインテナンスを始めていただきたいと思います。

MTMについての詳細は、「MTM(メディカルトリートメントモデル)」をご覧ください。

MTMについてもっと詳しく見る

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。