山手グリーン歯科医院

セラミック治療銀歯から白く輝くセラミックの歯へ

ホーム > セラミック治療

天然歯のような白い歯を
作り出す

セラミック治療とは

歯のきれいな女性

セラミック治療とは、被せ物や(クラウン)や詰め物(インレー)などの素材として、セラミックを使った歯科治療のことをいいます。セラミックといえば、包丁やフライパン、食器などの素材として使われていることは知っていっても、セラミックの歯と聞いてピンとこないという方は多いのではないでしょうか。

セラミックは、審美歯科の分野で使われる素材として知られていますが、金属やレジン(プラスチック)にはないさまざまな特徴を持つことから、見た目だけでなく、安全性を重視してセラミック治療を選ぶ人が増えています。

セラミック治療の
5つの特徴
歯科衛生士

1. 天然歯に近い歯の色や透明感

一般的なセラミックの歯は、歯科用陶材を絵の具のように混ぜ合わせ、歯の形に築盛して焼き固めることによって作られます。カラーバリエーションが豊富なため、患者様の歯に近い歯の色が再現できるほか、保険治療で使われるプラスチックにはないツヤや透明感が得られます。

2. 金属アレルギーの心配がない

セラミック治療の中でも、金属を一切使わないメタルフリー治療には、金属アレルギーの心配がありません。一般的な銀歯に使われている金銀パラジウム合金の歯に含まれている、パラジウムやイリジウムに対してアレルギー反応が見られる方には、特におすすめです。

3. 安全性が高い

セラミックは歯科治療だけでなく、人工関節などの外科治療に使われている生体適合性が高い素材です。そのため、長期間お口の中に装着していても、副作用などに悪影響がない上、体にも優しいことから、安心して使い続けることができます。

4. 変色しにくい

セラミックの被せ物は、プラスチックのような変色が起こりにくいため、前歯のような目立つ部分にも使うことができます。ただし、プラスチックを含む一部のセラミックの中には、変色しやすいタイプがあることから、治療する部位によって使い分ける必要があります。

5. 詰め物被せ物の精度が高い

セラミック治療では、コンピュータシステムの導入により、高精度な詰め物や被せ物の作製が可能になりました。精度の高い詰め物や被せ物は、装着した際に歯との間にすき間ができにくいため、治療後の歯で虫歯が再発する2次カリエスのリスクが低くなります。

セラミック治療のデメリット

どの歯科治療にも、メリットがあればデメリットがあります。セラミック治療には優れた長所がある反面、次のようなデメリットがあることから、治療を受ける前にきちんと理解しておくことが大切です。

お金

高額な費用がかかる

お金

噛む機能を向上するために行われる保険治療に対して、セラミック治療は、見た目の美しさの向上を目的としていることから、健康保険が適用されません。自由診療は全額自己負担となるため、銀歯やプラスチックを使った保険治療に比べて、セラミック治療にかかる費用は高額になります。

さらに、セラミック治療は医療費控除や高額療養費も受けられないため、デンタルローン等を上手に活用して、支払いの負担を軽減することをおすすめします。

衝撃を受ける歯

強い衝撃で割れることがある

衝撃を受ける歯

セラミックは強度が高いという長所がある一方で、大きな力が加わると割れやすいという短所があります。
ただし、セラミックは種類によって強度が異なることから、奥歯などの噛む際に大きな力がかかる部分には、割れにくいセラミックを選ぶことが大切です。

また、噛み合わせがあっていないと、必要以上に大きな力が加わってしまうため、定期的にメインテナンスを受けて、噛み合わせを調整する必要があります。

セラミック治療の種類

セラミックと一口に言っても、素材や構造によっていくつかの種類に分けられます。見た目だけでなく、性質にも違いがあるため、それぞれの特徴を知っておくと安心です。

オールセラミック

オールセラミックとは、全てセラミックで作られた詰め物や被せ物のことをいいます。銀歯やプラスチックと違って経年劣化が少なく、長く美しい状態を保つことができます。さらに、歯を削った部分に立てるコア(支台)をグラスファイバー製にすることで、ますますオールセラミックの白さが引き立ちます。

オールジルコニア

オールジルコニアとは、全てジルコニアで作られた詰め物や被せ物のことをいいます。人工ダイアモンドとしても知られるジルコニアは高い強度が特徴ですが、オールセラミックに比べてツヤや透明感が劣ることから、奥歯などのセラミック治療に向いています。

ジルコニアセラミック

セラミックの「美しさ」とジルコニアの「強さ」を兼ね備えているのがジルコニアセラミックです。土台のジルコニアの表面をセラミックで覆う二重構造にすることによって、機能性と審美性の両方を満足したクラウンができあがります。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジン(プラスチック)を混ぜたものをハイブリッドセラミックといいます。セラミックに比べて柔らかくて割れにくく、価格が低いのが特徴です。しかし、プラスチックの被せ物と同じように、時間とともに変色しやすいため、前歯のような目立つ部分には向きません。

メタルボンド

金属とセラミックの二重構造の被せ物のことをメタルボンドいいます。土台に金属が使われているため、オールセラミックに比べて強度が高い反面、透明感が劣るという特徴があります。さらに、歯肉がやせてしまった場合、歯と歯肉の間に、ブラックラインと呼ばれる黒ずみが現れる可能性があります。

当院のセラミック治療の料金表

セラミック治療には、セラミック製の被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)ほかに、ラミネートベニアがあります。ラミネートベニアとは、薄いセラミックのチップを歯の表面に貼り付ける治療法で、前歯の色が気になる場合のほか、すきっ歯の改善にも適しています。

治療内容 料金
(税別)
ファイバーコア 10,000円
クラウン(被せ物) ジルコニアセラミック 120,000円
オールセラミック 90,000円
オールジルコニア 85,000円
メタルボンド 80,000円
ハイブリッドセラミック 50,000円
インレー(詰め物) オールセラミック 50,000円~
ハイブリッドセラミック 30,000円~
ラミネートベニア 90,000円

セラミック治療の料金は、患者様の歯の状態によって変更となる場合がございます。 料金についての詳細は、当院までお問い合わせください。

当院ではセレックシステムを
導入しています

セレック

これまでのセラミックの歯は形を整えた後、陶器と同じように高温で焼き固めて作られてきましたが、最近は、前もって焼き入れしたセラミックから、被せ物や詰め物を削り出す方法が一般的になりつつあります。

その中でも、当院では、世界のトップメーカーとして知られるドイツのシロナ社の「セレックシステム」を導入しています。

セレックシステムの特長

セレックシステムとは、コンピュータを使って歯の被せ物や詰め物を設計・作製するシステムのことです。セレックシステムには、次のような利点があります。

セレックシステムの主な特徴
  • 治療期間が短い
  • 審美性が高い
  • 通常の治療に比べて費用が安い
  • 寿命が長い
  • 虫歯の再発(二次カリエス)が起こりにくい
  • 経年劣化しにくい

通常の歯科治療では、患者様の歯型から作成した歯の模型に合わせて、技工士が被せ物や詰め物を作製します。それに対して、セレックシステムは、治療を行う歯を3D光学カメラで撮影し、コンピュータにデータを取り込むだけで被せ物や詰め物ができあがるため、短期間で安価に治療を行うことができます。

また、セレックシステムでは、高品質のセラミック素材が取り揃えられていることから、審美性が高く、高精度の被せ物や詰め物を作製することができるのです。

セレックシステムの治療の流れ

セレック治療の主な工程

工程1
歯の治療を行います

工程2
3D光学カメラでお口の情報をスキャンします

工程3
3Dデータの画面上でクラウンを設計します

工程4
設計データをもとにクラウンを削り出します

工程5
できあがったクラウンをセットして治療は完了です

カメラでお口の中をスキャンしてから1時間ほどで、クラウンを装着することができます。

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。