山手グリーン歯科医院

科学的根拠に基づく診査・診断

ホーム > 安全で確実な治療のために

科学的根拠に基づく
診査・診断

勘や経験に頼った
あいまいな治療は行いません

歯科診療において、術者の経験は大切です。多くの臨床経験を積むことは、高度技術を習得するためにも、必要なことであるのは確かです。
しかし、経験が豊富な医師であっても、その経験や勘に頼って治療を行うことは良くありません。

近年は、歯科医療機器が進歩し、肉眼で見えない部分も確認できるようになっています。また、客観的な臨床データが得られるようになり、それに基づく診査・診断が可能となっています。
当院では、科学的根拠に基づき、安全性・確実性の高い診療を行っています。

科学的根拠に基づく
診査診断のために

1.  精密な検査を行います

唾液検査

精密な検査を行い、患者様のお口の中の詳しいデータを取得することは、科学的根拠に基づく治療を可能にし、治療の精度・安全性を向上させます。当院は、検査によって得たデータを用い、客観的な根拠を元に診査診断を行っています。

また、予防メインテナンスにおいても、患者様一人ひとりのお口の中の状態に応じ、最適な予防プログラムを作成するため、細菌レベルの検査を実施しています。

2.  臨床データの収集・解析に努めています

臨床データに基づいた治療

科学的根拠に基づく診査・診断・治療を実践するために、多くの学会や勉強会に所属し、臨床データの収集・研究に努めるとともに、最新の知識や治療技術の研鑽に励んでいます。

効果が実証されたデータに基づいた治療を行い、効果的な症状改善はもちろん、その効果を長期的に持続できるように努めています。

3.  最新の治療機器を導入しています

マイクロスコープ

当院では、科学的根拠に基づく治療を可能にする、さまざまな最新の治療機器を導入しています。
例えば、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は拡大視野での治療を可能にしますが、微細な部分も肉眼で確認できるようになり、かつては勘や経験を頼りに行われていた治療が、目視により確認しながら行えるようになっています。
また、インプラント治療においては、CTで得たデータをもとに、最先端のコンピュータシステム(SIMPLANT®)を使ってガイドの作成やシミュレーションを行い、治療の確実性を高めることができます。

科学的根拠に基づき、
予知性の高い診療を目指します

スタッフ

「予知性の高い」診療とは、「将来を見据えた」「先のことを考えた」診療のことを言います。 私たちは、目の前にある病気を治すことだけでなく、将来の健康を考慮して治療を行うことが大切だと考えています。そのためには、病気になった1本の歯だけを見るのではなく、お口の中全体を見て、長期的な口腔全体の安定に努める必要があります。

お口の健康は、全身の健康や健康寿命に大きく影響しています。科学的根拠に基づく診療により、長期的にお口の健康を維持していただき、生涯に渡って健康で豊かな生活を送っていただきたいと願っています。

お知らせ

  • 2017.11.20 【年末年始の診療について】
    2017年の診療は12月28日(木)午前までとさせていただきます。
    明け2018年は1月5日(金)から診療開始いたします。
  • 2017.11.20 患者様の声を更新いたしました。
  • 2017.11.17 歯科コラム睡眠時無呼吸症候群とは?を更新いたしました。
  • 2017.11.15 【秋休み休診のお知らせ】
    11月27日(月)~29日(水)は秋休み休診とさせていただきます。
  • 2017.09.29 ホームページを公開しました。